キャッシング即日:キャッシング前に知っておきたいこと

キャッシングをする前に知っておきたいことがいくつかあります。

まず、利息に関することです。 お金を借りられる業者はいろいろありますが、その中でも消費者金融と呼ばれる業者から借りる場合、利息が高いということを知っておかなければなりません。

どれくらいの利息かというのは業者によって異なるものの、15.0%から18.0%が適用利息となります。 ここで間違えてはいけないのは、最低利息のほうを参考にしないということ。

例えば、業者によっては4.8%から18.0%という範囲内で利息を設定しているところがありますが、「4.8%が適用されるかもしれないし…」と考えるのは危険です。 10.0%を下回ることはほぼないと思っておいたほうがいいでしょう。

次に、キャッシングが癖になってしまう人が多いということも頭に入れておく必要があります。

キャッシング業者では借りられる限度額が決められているのですが、仮に限度額が30万円であったとしても10万円返済をしたらまた10万円借りることができるのです。

そのため、返したら借りるという繰り返しになってしまい、なかなか借り入れが減らない人もいます。 こういったことがないように、本当に必要なお金のみを借りるようにしなければなりません。

完済までの道のりをはっきり把握するためにも返済シミュレーションを利用してみてはどうでしょうか。 様々なキャッシング業者でシミュレーションが用意されているので、いくらずつ返済していくか考える際にも活用をおすすめします。

それから、気軽にお金が借りられるからといってヤミ金と呼ばれるところからは借りてはいけません。 ヤミ金の中には法律で定められた利息制限法を守っておらず、違法な取り立てをするところも数多くあります。

軽い気持ちで手を出してしまうと大きなトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので絶対にやめましょう。

キャッシングといえば手軽にお金が借りられてとても便利なサービスではありますが、使い方を誤ったために大変な思いをしている人もたくさんいるということを理解しておかなければなりません。

すぐにでもお金が必要な場合はどうすればいい?

すぐにお金が必要な状態になってしまった場合、いくつかの方法があります。 既にクレジットカードを持っているということであれば、キャッシング枠の利用についても考えてみてはどうでしょうか。

普段はショッピングをする際にクレジットカードを使っているという人も多いですが、キャッシング枠が設定されているカードであればすぐにATMなどから現金を引き出すことができます。

消費者金融から借りる場合もクレジットカードのキャッシング枠を使う場合もそれほど大きな違いはありません。

特に、すぐにお金が必要というケースではこれから新たに消費者金融の審査を受けて借り入れを行うよりも、限度額に余裕があるクレジットカードのキャッシング枠を使う方法を選択したほうが確実です。

限度額に関しても消費者金融とそれほど違いはないので、早急にお金が必要な方は現在持っているクレジットカードにはいくらのキャッシング枠が設定されているか確認してみましょう。

消費者金融からお金を借りたいと思っているのであれば、審査が優しいところを探したほうがいいですね。 審査にかかる時間や難易度というのは業者によって違いがあります。

審査に時間がかかり、更に難易度も高い業者を選んでしまうと、即日で融資を受けることは難しくなってしまうでしょう。

といっても、各業者が「うちは他よりも審査に通りやすいですよ」と宣伝をしているわけではないので、インターネット上の口コミ情報などを元に審査の優しい業者を探すことになります。

審査に通らなかったとしても細かい理由は教えてくれませんが、業者によっては「他社からの借り入れが○万円以内であれば基本的に融資可能」という形で金額を明示しているところもあるので、そういったことも確認しておきましょう。

それから、オンライン審査や電話審査に比べると窓口での審査のほうが通りやすいという情報もあります。 他社からの借り入れが多かったり収入に不安がある方は窓口で審査を受けることも検討してみてはどうでしょうか。

契約内容の確認をする重要性と遅延損害金

友達などからお金を借りる場合は契約書を作ることは稀ですが、貸金業者からお金を借りる場合には必ず契約書が作成されます。

この契約書は細かい字が並んでいるのでつい適当にチェックして済ませてしまう人が多いのですが、とても重要なことが書かれているので必ず確認しておきましょう。

契約書とは、貸し借りに関する条件や義務が細かく記載されており、それらを守らなければなりません。

その業者からお金を借りるということは条件や義務を理解して納得したということでもあるので、仮にあとから何らかのトラブルが起きた時に「契約書をよく読んでいなかったので知らなかった」では通らないのです。

契約書で必ず確認しておきたいポイントはいくつかあるのですが、遅延損害金についても理解しておきましょう。 これは約束の返済期日にお金を返すことができなかった場合に発生するペナルティのことです。

自分は約束通りに返済ができると思っていても、返済日をうっかり忘れていて遅延損害金が発生してしまったというケースは珍しくありません。

遅延損害金としていくらの利率が設定されているかは必ず確認しておいたほうがいいでしょう。

ペナルティといっても遅延損害金は利息制限法によって上限が定められています。 貸主側は遅延が発生した場合の損害をあらかじめ賠償額予定というものによって算出していて、これによって遅延損害金の利率が決まるわけです。

ただ、遅延損害金の上限は年20%までとなっているので、数万円しか借りていないのに返済日を一日過ぎただけで何十万円も請求されてしまうようなことはありません。

どうしても返済が遅れてしまいそうな場合は、必ずコールセンターに電話をしておいたほうがいいです。 何の連絡もせずに催促の電話がかかってきてから対応するのとでは印象が大きく違いますよね。

1週間ほどの延滞であればそれほど催促が厳しくなることもないので、すぐに返済するのが難しい場合は相談をしてみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ